(小林正志さん、佐藤加奈さんについて)
小林正志さん(49)。職業は、近所のヤマハ・バイクショップの雇われ店長。19歳でホンダZを初めて買って以来、ファミリア、スターレットを経て、18年前から、トヨタトラックSR5に乗っているが、二台目の「いつも使いのクルマ」として、サンバーのワーゲンバス改造版を購入した。加奈さんとは、「5年前に、バイクショップで知り合いました」とのこと。ガレージには、四輪バギーやスノーモビルなど遊び道具が山のように。

「こんにちは、小林正志です。ふだんは、地元でヤマハ専門のバイクショップの店長やってます。今日は、僕の愛車、スバルSAMBARの “ なんちゃって ” ワーゲンバス仕様、愛称『サンバス』を紹介させてください」


「こんにちは、小林の彼女やってます、佐藤加奈と申します。ふだんは歯医者さんで働いています♪食べながらの格好ですみません。今日は、モデストの田中さんもお招きして、みんなでバーベキューパーティなんです」


どデカイ肉を… 丸ごと薫製にする! 煙モクモク!

まったり〜 モデスト田中とクルマ談義!
焼けたかの〜 サンバスから覗いてみました






「ま、それはそうと、サンバスの紹介に戻ります。
こちら、外観です」



「『なんだ、フツーじゃん』て思いました? でも、この色って、写真だと、ただの黒に見えるかもしれませんが、実はバイクにしかない、特殊な色。モデストさんのウリは『国産車、外国車の4000色から選べます』だけど、その4000色にも含まれていない、緑とオレンジのラメが入った特別な色なんです」


なるほど
真っ黒というよりはビミョーに焦げ茶。
光が当たると、はっきりと茶色に… よく見ると、確かに
緑とオレンジのラメが光沢を放っているゥ!



「車の色というのは、配合レシピが公開されているので、色の手配は比較的簡単です。一方、バイクの色の調合法はメーカーが秘密主義なので非公開なんです。小林さんが、『この色にしてください』と言ってヤマハのバイクの部品を持ち込んできたときは、まいったなと思いましたが、ラメも含めて何とか再現してみました」




「↓↓↓ その他、車体外観まわりの工夫です」


白と焦げ茶の間にストライプを入れてみた このストライプがバイクっぽい 通常はオレンジ色のウインカーランプ。
せっかくのクリアレンズなのに、電球がオレンジでは悪目立ちするので、シルバーバルブに変更
(でも光るときはオレンジ)
車体後方の特注「MK」エンブレム。
Mは(小林)正志のM、Kは(佐藤)加奈のK
車体後方右の亀エンブレム。
青空が映りこむほどピカピカの車体の中を
まるで泳いでいるよう
車体正面のロゴ。
黒の基盤は、ヤマハの音叉ロゴをイメージした





「僕は、ヤマハのロゴを偏愛しています!
音叉が三つ交差するデザインがカッコよすぎ!」


ハンドルに音叉ロゴ ミニ扇風機に音叉ロゴ ナンバープレート右上にも小さな音叉ロゴが!もはや音叉フェチ?!





「カメも大好きです。かわいいから。カメのアクセサリーあちこちに付けました。カメはハワイでは『ホヌ』と呼ばれる幸運の使者なのです」


フロントに二匹のカメを吊る 灰皿のそばにカメ キーホルダーにカメ 車体後部の右にもカメ





「では、運転席、助手席まわりを詳しくご紹介しましょう」
      ↓↓↓



全体はこんな感じ
「木製ドリンクホルダーは、モデストさんから提供された物ですが、アロハ型のペンホルダーを下げたかったので、裏側にカーテンレールをつけました」 「助手席前にワーゲンバスのミニチュアと、小石を置いてみました。
左から二つめの小石はカメマークです」

「カメの下が青く光っているのが分かるでしょうか。シガレットライトとして使うために、青色LEDを裏側にとりつけました」 「運転席横に小さい観葉植物」 「サンバスというからには、絶対にこれを付けたいと思って、二ヶ月間ネットで探しまくってついに見つけました。押すと、『次、止まります』の声が本当に出ます」

「朝、車で最寄り駅に送ってもらう時は、到着間際にこのボタンを押すのがお約束になっています」

「アクセルペダルはバイクパーツ流用の足裏仕様」 「足下の亀マークのステッカーをつけたのは…」 「サンバーのロゴを隠して、
とことん自分流にしたかったわけです」





「シートは、ゴザ(アジアンチック)っぽくすることを意識しました」


  床にも竹シート  





「ホイールは鏡になって空が映るぐらい、いつもピカピカに磨いています」


加奈さん、小林さん、モデスト田中 ズン・ズン ウリ・ウリ





「後部にはバイクも積み込めるようにしました」


後部はボード敷き 準備開始 搬入開始
入りました! 「せ、狭いっ…、でも、楽しいっ」 「私も入って、もっと 狭くしてみました」
(モデスト田中)





「ネジは、最初のものがフツーのネジで質感が気に入らなかったので、もう徹底的に交換しました。目に見えないところに凝るのは楽しいです!」


車体後部 内装後部 ナンバープレート
絶対誰も見ない車体正面下も… うーん、質感向上。満足、満足♪ 車体側面下と…

「ネジじゃないですけど、ボンネット空けたところのラジエターキャップをお茶のキャップに変えてみました。
『上下に五回振ってから』と書いてあります。 何コレ??って、人と違った事やるのが楽しいんです! 『さすが小林さん!目の付け所が眉の上!』って言われたら嬉しいっ!」





サンバスの前で喜びの舞いを舞う、小林氏







では、小林氏に、インタビューしてみましょう。

― 小林さんのクルマ歴を教えてください。

はい、順々に説明していきますね。

19歳 〜 ホンダZ (乗車期間:2カ月)
    19歳で免許を取りました。その時、知り合いがホンダZを手放そうとしていたので、だったらオレにちょうだいと、もらい受けました。早速、走りの練習に明け暮れましたが、サイドターンの練習をしている時に、ひっくり返して、屋根がぺったんこになり、一発廃車となりました。一ヶ月の短いつきあいでした。


19歳 〜 マツダファミリア (乗車期間 9カ月)
    フロントには、ハイグリップタイヤ、ポテンザを装着し、リアにはバイアスタイヤを履かせるなど、意味不明な気合いを入れて、ハシリ仕様にしました。なんですけど、綾瀬の川沿いのぐねぐね田舎道でドリフトの練習をしているときに、くるんと行っちゃって、ケツからガードレールにグシャ。事故って終わり。またもや廃車です。

20代前半 〜 トヨタ・スターレット(乗車期間:2年)
    走り屋の夢を捨てきれずに、懲りずにスターレットを購入しました。当時はスターレットといえば、走り屋仕様のクルマでした。
20代後半 〜 ハイエース(乗車期間:4年)
    走り屋仕様から、一転して、ワンボックスを買いました。バイク、四輪バギー、三輪バギー、二輪バギーなどおもちゃを積み込みたいというのが理由です。この頃は、相模川でバギーとかモトクロッサーで遊んでました。

ここで小林さんの「オモチャ&愛犬」を紹介しておきます

バイク:ヤマハ・ROAD STAR warrior&BW'S125 ヤマハ・マグザム。加奈さんの愛車
スノーモビルとヤマハPAS ローラースルーゴーゴーの大人版?
愛車:トヨタトラック 愛犬 モルツ


― ハイエースの次に載ったクルマは?

ここから、ピックアップトラックに目覚めました。

30歳前  〜 トヨタハイラックスダブルキャブ(乗車期間:3年)
    ピックアップトラックに目覚めました。乗ってて、楽しいし。人と違ったクルマに乗りたかったし。

31歳 〜  トヨタ・トラック(乗車期間:現在18年目)
    この頃から、スノーモービルを始めました。となると、スノーモービルが積めるだけの十分なデカさの荷台があるピックアップトラックが欲しい。そういうのは、当時、トヨタトラックとDATSUNトラックしかなかったので、アメリカからトヨタトラックを逆輸入しました。このクルマは最高です。もう買い換えようとも思わない。今年で乗って18年目です。

― トヨタトラックは18年目…。小林さんはマニアだけど、「飽きっぽい」というタイプではないようですね。

はい、決っして飽きっぽくはないですね。気に入らなければ半年で手放しますが、気に入ったらとことん乗り続けます。今回のサンバスも20年は乗るつもりで、整備には気を遣っていますから。

― 今回、二台目クルマとして、ワーゲン仕様サンバーを選んだ経緯を教えてください。

まずトヨタトラックが、日常生活での使い勝手があまりにも悪かった。ピックアップトラックで、スーパーやらコンビニやらに買い物に行くのは、ちょっとしんどいものがあります。となると日常用途の取り回しのいい車が欲しい。

そういう動機だったので、漠然と「ちっちゃいクルマがいいな」「ま、軽かな」と思ってました。でも、人と同じクルマはイヤだったので、どうしようかと思いあぐねていたときに、彼女が「ワーゲンバスとか可愛いよね〜」と言い出すわけですね。なるほど、ワーゲンバスは形が独特で楽しそうです。でも、本物のワーゲンバスを買うのはやめときました。

― なぜ本物を買うのはやめたのですか。

本物のワーゲンバスはたしかに格好良いですが、故障しまくるのは目に見えています。トヨタトラックの使い勝手が悪いことを補うために買う車が、また使い勝手が悪いのでは意味がありません。というわけで、軽自動車のワーゲン仕様改造版を買うことに決めました。

最初は、モデストじゃなくて、近所の中古屋で買おうと思ってました。時々、ワーゲンバス仕様の軽が「38万円」とかで出ているのですね。安い! 買っちゃおうかと一瞬、盛り上がるのですが、近づいてよく見るとフロントパネルが外からタッピング止めしてあるような、やっつけ仕事。遠くから見ると格好いいのに近くから見るとゴミ。こりゃダメだと見切りをつけました。

そうして、いろいろ探した末に、見つけたのがモデストです。ここは、まともな仕事してそうだし、田中さんも感じがいいし。店に行って少し話して、もう決まり!という気分で、内金10万円渡して、「買います。でも色はゼッタイこのバイクの色にしてください」と持参したバイクの部品を見せて、田中さん、最初は、うーんという顔してましたけど、やってみましょうと快諾してくれました。それから後は、亀をつけたい、ゴザみたいなシートにしたい、よし、テーマはハワイアジアンだと妄想は果てなく広がっていき、最初は140万円の予定が、結局180万円になりました。でも、やっぱり凝って良かったな。満足です。田中さん、良い仕事、ありがとうございました!

(モデスト田中): こちらこそ、気に入ってもらえて、うれしいです!

では最後に、みんなで記念写真をパチリ


※ 取材日時 2011年10月
事例制作の株式会社カスタマワイズが執筆