顧客事例(事例広告)、導入事例、ユーザー事例の制作、コンサルティング








講演依頼



「見せるだけで売れてしまう
事例広告の方法」
(ダイヤモンド社)




日経BP IT PRO 連載
「事例こそ最強の
BtoBマーケティングである」


日本経済新聞
(電子版)で連載中

その他のメディア掲載情報


事例作成についてつぶやき
ツイッターの内容を全部見たい
こちら

印刷用ページ



■ 簡易事例動画

簡易事例動画を制作するサービスです。価格は8万円(税抜き)です。

サンプルは次のとおりです(クリックすれば実際の動画が再生されます)。

    ※ 音声ONでお聞きください。
    ※ ホームページにジャンプした場合は、そこに動画が埋め込んであります。そちらをご覧ください。
    法人向け商品(BtoB)だけ表示
    一般個人向け商品(BtoC)だけ表示
    すべて表示

    バグ管理ソフト
    (リックソフト)

    印刷
    (協友印刷)

    相続コンサル
    (ライフマネジメント)

    ジュニアテニス
    (ルネサンス)

    運転教習
    (キキドライビング)

    建設コンサルティング
    (プラスPM)

    三菱重工・雷対策
    (フランクリン・ジャパン)

    相続コンサル
    (ライフマネジメント)

    相続コンサル
    (ライフマネジメント)

    相続コンサル
    (ライフマネジメント)

    ベビースイミング
    (ルネサンス)

    ベビースイミング
    (ルネサンス)

    トレーニング(脇)
    (ルネサンス)

    ネット広告
    (リーチローカル)

    ネット広告
    (リーチローカル)

    ネット広告
    (リーチローカル)

    HD+SSD
    (ロジテック/
    ウエスタンデジタル
    )

    ネット広告
    (リーチローカル)

    ネット広告
    (リーチローカル)

    不動産管理
    (日本情報クリエイト)

    データ復旧
    (ロジテック)

    ホームページ改善
    (日本情報クリエイト)

    集客コンサルティング
    (ハンズバリュー)

    会計ソフトウエア
    (フリーウェイ)

    税理士
    (田村税理士事務所)
サービスの特徴1.  − 「低価格」
    簡易事例動画の価格は一律8万円です。通常の事例動画は制作費用が、ウン十万円かかるので、自分で言うのも何ですが、価格は格安です。

    では、なぜカスタマワイズの事例動画は安いのでしょうか。それは、この簡易動画は、通常の事例制作の時に発生する「ICレコーダによるインタビュー録音」と「写真(静止画)」を流用して作るからです(詳細は本ページのサンプルをご覧ください)。

    つまり、通常の事例制作の副産物を使っているから安いのです。

    ※ 「通常の事例制作」の価格とサービス内容はこちら


サービスの特徴2  − 「低オペレーションコスト」
    「通常のビデオ事例動画」を作る場合、次のとおり、けっこうな「重い話」になりがちです。次のようになります。

    • 事前構想、シナリオ作りなど下準備が面倒。

    • 当日は、撮影班だの照明班だのが、大挙して取材先におしかける。大がかり。

    • 遠方での取材の場合、それら撮影スタッフの交通費がかさむ。

    • ビデオ撮影なので、取材先としても心の準備がいる。喋る台詞もあらかじめ考えておかなければいけない。面倒くさい。重い。

    • ビデオカメラの前で喋るのは緊張する。つらい。ついついセリフを「噛んで」しまう。そうなったら撮り直し。時間がかかる。めんどくさい。

    そして、そこまで大騒ぎしたわりには、実はあまり「面白い物」は作れません。次のようになります。

    • 取材先が、あらかじめ用意した「よそいきのセリフ」は、内容は清く正しく美しい。しかし、聞いていて(観ていて)、興味を惹かない

    • 取材先が冒頭で「我が社の主な業務は…」と自社の説明を延々しゃべることがある。気持ちは分かるが、視聴者(見込み客)にとっては、正直、退屈である。かといって、やめさせるわけにもいかないし…

    • 顧客のトークをそのまま撮影すると、動画の長さは5分〜10分の長尺になる。しかし、正直言って、映像的には「会社員が喋っているだけ」の単調なものなので、視聴者(見込み客)の立場からすると、とてもじゃないが5分〜10分も見通す気になれない。


    一方、簡易事例動画の場合は、「通常の事例制作で発生する音声と写真を流用して作る」わけですから、このような重い話、大騒ぎは発生しません。

    通常の事例制作を行い、取材をする中で、「おぉ、今日の話は面白いなあ。取材先も気さくなかんじだなあ」と思えるようであれば、事例制作物の原稿チェックの最中に、「あまりに素晴らしいお話しだったので、ぜひ動画も作成させていただけないでしょうか」と頼めばよい(もちろん、通常の事例制作の前に「今回は動画も作ります」と予告してもOKです)。

    逆に、取材をしていて、「うーん、今日の話は今イチだなあ。取材先も何だか気難しそうな人だなあ」と思えるようであれば、動画事例の依頼は、ただ単にやらなければいい。そうすれば波風立ちません。

    簡易事例動画は、通常のビデオ事例動画に比べて、話が重くなったり、大騒ぎになったりすることがありません。

    簡易事例動画なら、これをお読みの皆さま、そして取材先(=皆さまのお客様)の両者にとって、気楽な、オペレーションコストが低い動画制作が実現できます。


■ このサービスの特徴3. − 「高リアリズム(ナマの声)」
    簡易事例動画の場合、通常のプロモーション動画のような、美麗なテクニックは特になく、いたって素朴な仕上がりとなります。

    しかし、事例動画の品質において重要なのは、小手先のギミックではなく、取材先のナマのトークの迫力、リアリズムであるはずです。

    その最も重要なリアリズム、ナマの迫力は、通常のビデオ事例動画では実現できません。通常の撮影の場合、取材先は、撮影用の、よそいきの、あまり面白くないトークをしてしまうからです。しかし、ビデオカメラを向けることのない簡易事例動画ならば、迫力とリアリズムに満ちた、顧客のナマの声を録ることができます。

    (※ 詳細は、サンプル動画をご覧ください)


■ 作成手順は?
    次のとおりです。
    1. 「通常の事例制作の取材」を行います。写真を撮り、ボイスレコーダーで音声を録音します(動画の撮影はしません)。

    2. その写真と音声を元に、「簡易事例動画」を作成します。


■ 「通常の事例制作」は行わず、動画制作だけを依頼することは可能か?
    (誠に恐縮ですが)できません。必ず「通常の事例制作とセット」でご注文いただくことになります。

    理由は、この動画の制作手順の都合上、必ず、通常の取材中に「リアルな声」を録音する必要があるからです。

    ※ 「通常の事例制作」の価格とサービス内容はこちら


■ 通常の事例は、自社で内製している(or 他の制作会社に依頼している)。カスタマワイズには、その際に発生した、録音データ、写真を渡すので、それを素材にして簡易事例動画を作ってほしい。可能か?
    はい、可能です。


■ 長さは?
    1分〜3分が目安となります。
    (※ 長尺をご希望の場合は別途見積)


■ 納品形態は?
    mpegファイルで納品します。
    (※ ご希望のファイル形式があれば、合理的な範囲内で対応いたします。追加料金はかかりません)






事例ノウハウをもっと知りたい方は、こちらの無料メルマガにご登録ください。
メールアドレス →